審美歯科

院内画像



大きな地図で見る

インターネットからの予約

QRコードで簡単アクセス

患者の気持ち


審美歯科とは?


審美歯科と聞くと、見た目の美しさだけを追求する特別な治療をイメージするかもしれませんが、審美歯科において、歯そのものを美しくするのは当たり前のことなのです。


大切なことは、歯並びとお顔との調和、そして歯本来の機能をしっかりと考えた治療を行うことです。


つまり審美歯科治療は一般歯科の技術の他に、歯科医師のデザイン力やカウンセリング力、豊富な臨床経験が必要となる治療分野といえます。

審美歯科医院選びのポイント


ご自身で納得できる口元を手に入れるために歯科医院選びが重要であることはいうまでもございません。
そこで審美歯科治療を受ける際に歯科医院選びのポイントを列挙します。
ご参考にしていただければと思います。
・患者様のご希望などをお聞きするために十分なカウンセリングを行っている。
・信頼できる歯科技工所と連携している。

オールセラミッククラウン


従来の差し歯は金属のフレームの外側に白い加工を施すため、どうしても歯と歯肉の境が黒く見えたり、歯に透明感がなく不自然な感じが避けられませんでした。
現在は金属のかわりに「白い金属」といわれるジルコニアなどを使用することにより、黒いふちどりもなく、自然な透明感のある白い歯をつくることができます。

セラミックインレー


歯の咬む面に詰めた金属や変色してしまった樹脂をセラミックで詰めることにより、ほとんど治療のあとを目立たなくすることができます。
少し前まで奥歯は金属でもよいと言われる傾向がありましたが、現在では特に下は笑うと奥歯まで見えるので審美歯科治療を希望される方が多いです。

ハイブリッドセラミック


ハイブリッドセラミックとは、セラミックの粒子とレジンを混合させた材質です。
セラミック単体に比べ弾力があり、周囲の歯に負担をかけないというメリットがありますが、色調はセラミック単体に比べ多少劣ります。

ラミネートベニア


歯の形に不満があったり、変色がつよくホワイトニングでは対応できない場合に歯の表面を一層削り、ちょうど女性のつけ爪のようにセラミックのシェルを貼り付け、歯の形態や色調を患者様の希望通りに治療する方法です。

ホワイトニングとは?


ホワイトニングとは、ブリーチングとも呼ばれますが、歯の表面に付着した色素のみを落とすのでなく、歯自体を安全な薬剤の力で白く(漂白)していくものです。

例えばシャツを洗濯した場合、汚れは落ちますが(クリーニング)、もっと白くするには漂白が必要なように白い歯をご希望の場合にはホワイトニングが適しております。


歯に色が付く原因としては以下が挙げられます。

 


1. コーヒー、お茶、タバコなどによる変色

色素が歯の内部まで取り込まれる事により、歯が黄色く見えてしまいます。


2. 加齢による変色

年齢を重ねるにしたがって、人の歯は自然に黄色く変色していきます。


3. 全身疾患に由来する変色

胎児の時期に、母親が服用した抗生物質や過剰に摂取したフッ素などの影響により歯が変色してしまう事があります。


4. 紫外線による変色

肌が日焼けで黒くなるように、歯も同様に紫外線の影響で変色する事があります。

歯の内部から外側まで「丸洗い」することで、「歯の美しい白さをよみがえらせる」ことも、「今まで以上に白さを創造する」ことも可能です。

ホワイトニングの方法


オフィスホワイトニング

オフィスホワイトニングとは歯の表面に薬剤を塗り、レーザーを歯に20~30分あてることで自然な白さへ変化させる手法です。もちろん施術中に痛みなどの不快なことが生じることはありません。
色調の変化が速いため、希望とする白さになるまでの時間は短くて済みます。


ホームホワイトニング

ホームホワイトニングとは、ホワイトニングジェルを塗布し化学的に歯を白くする簡単な方法です。
はじめに患者様ごとの歯列に合わせたマウストレーを作製します。
後はご自宅でマウストレーにホワイトニングジェルを塗布し、決まった時間、継続的に装着することでホワイトニングの効果を得る事が出来ます。

ホワイトニングのメリット・デメリット


メリット

・健康な歯を削る必要が無い。
・歯の白さをご要望に応じて、その都度調節することが出来る。
・比較的短い期間で歯を白く出来る。
・セラミック等を使用する審美歯科治療に比べ、治療費が安い。


デメリット

・完全に元の色に戻ってしまうわけではないのですが、ワインやコーヒーなどを頻繁に摂取することによって後戻りする。
・個人によって適応・不適応がある。