インプラント

院内画像



大きな地図で見る

インターネットからの予約

QRコードで簡単アクセス

患者の気持ち


インプラントとは?


インプラント治療とは、何らかの原因で失ってしまった歯の代わりに、顎の骨にチタン製のネジを埋め込み、被せ物して人工の歯を作る治療方法です。失った歯をこれまでと同じ様に機能させることが可能な画期的治療法です。


インプラントの構造


歯を抜けたままにしておくと

歯を抜けたままに放置しておきますと噛み合わせや見た目などに悪影響を及ぼします。
以下に項目別にご説明致します。


機能面(噛み合わせ)での影響


・ 抜けた歯にかみ合っていた歯が動いてくる。
・ 抜けた歯の両隣の歯が傾いてくる。
※上記の理由などにより、咬み合わせに異常を生じます。


審美面(見た目)での影響


・見た目はよくない。
・歯ぐきの位置が下がってくる。
・顔の輪郭が変わってくる、口元にしわが寄り、老けてみられる。


生活面での影響


・しっかり噛めないことで胃腸に負担がかかる。
・うまく発音が出来なくなる。
・噛めない事により、脳への刺激が減少する。


インプラントのメリット


・天然の歯と同じ感覚で噛むことが出来る。
・天然の歯と変わらない、またはそれ以上の見た目となる。
・ブリッジや入れ歯のように回りの歯に負担をかけたり、削ったりする必要がない
・噛んだときに歯ぐきに天然歯と同じように刺激が伝わるので、あごの骨が痩せない。


・発音や発生がもとのように戻る。
・食べ物や飲み物が天然歯と同じくおいしく感じられる


インプラントのデメリット


・歯を抜くのと同程度の手術が必要となる。
・保険適用外である

診療時間表


従来の治療法との比較


診療時間表


当院のインプラント治療の特徴


デジタルレントゲンの導入


当院では、デジタルレントゲンの鮮明な画像を、患者様にも実際にご確認頂きながら治療を行っております。

口腔内全域の撮影はもちろん、X線照射範囲を調整しお子様のサイズに合わせた撮影や部分的な詳細撮影など可能です。


また、従来型のレントゲンと比べ大幅に被曝量を軽減しており、現像の際に廃液も出ないので身体や環境にも優しい装置です。


身体負担が少なく安全な治療


当院でのインプラント治療では身体負担を軽減しより安全な治療が可能な「再生療法」も取り入れています。
患者様の中には骨が弱くなり、インプラントが入れづらい方もいらっしゃいます。
そこで、インプラントを入れる土壌を作るために患者様ご自身から採血を行い、そこから骨芽細胞(PRP)を誘発します。
これをインプラント部分に利用することで、より予後を良くする技術も取り入れています。
また、同時にコラーゲンも生成されます。
これをインプラント表面にコーティングすることで、自然な仕上がりとなります。


顎の骨が薄くインプラントを諦めてしまった方へ


インプラントを埋入する際に、土台となる顎の骨には一定の高さや量が必要となります。
例えば上あごの骨は生物学的に上顎洞(サイナス)という空間があり、そのため上あごの骨は下あごの骨よりも少ないのが実情です。


他院にて骨の量が足りない事や、上顎の骨の厚みが薄いことを理由にインプラント手術が難しいと言われた方でもご相談ください。


ソケットリフト


顎の骨が薄くても5ミリ以上ある場合に行う骨造成処置です。
具体的には、上あごの骨にドリルを使って、穴を開けて上顎洞まで貫通する直前でドリルをストップさせます。
そこからいわゆる金槌のようなもので、徐々に衝撃を加えながら、上顎洞粘膜に覆われている上顎洞を押し上げていきます。
作業で開けられた穴に、特殊な器具を使ってすき間なく骨移植材を詰めます。
これにより、骨が厚みを増し、インプラントを埋入した後の骨の強度を上げます。


サイナスリフト



上顎洞(サイナス)までの距離が5ミリ以下のような薄い上顎骨では、ソケットリフト法ではできない場合等に用いる治療法です。
ソケットリフト法のように下から骨を持ち上げるのではなく、歯茎の横か上顎洞に向けて穴をあけて横から上顎洞粘膜を押し広げてその隙間に自家骨、及び人工骨を入れて骨を増やす治療法です。


GBR(骨組織誘導再生)


GBRとは、インプラントを埋め込むのに十分な骨の厚み、幅がない場合に骨の薄い部分を特殊な膜(遮断膜)で覆い固定することで、骨の再生を待って、インプラントの予後を確実にする治療法です。
通常は、インプラント埋入手術前に必要な骨を作ってしまうか、もしくはインプラント手術の時に処置を行います。


手術中の痛みの少ないインプラント


自動生体モニターを導入し、血圧の高い患者様には、持続的に血圧などのデータを測定するなど治療中の患者様の急な体調の変化が分かるようにしています。
また、長時間のオペ時に、ご希望の方には静脈内鎮静法をご提供することができます。
これは点滴により鎮静剤を注入すると、緊張を和らげ、不快感をほとんど感じなくなります。
全身麻酔と異なるもので、入院や食事の制限はありません。

診療時間表


インプラント治療の流れ


1. 調査、術前計画

まず、レントゲンなどによる十分な診断を行い、治療の計画についての説明を受けます。




2. インプラント植立の手術

歯が抜けた所へインプラントを埋入した後、あごの骨にしっかりと固定されるまで、3~6ケ月待ちます。


3. 人工の歯の取り付け

インプラントによるしっかりした土台ができたら、人工の歯を上にかぶせます。



4. 完了

インプラント治療後は、アフターケアとして正しいブラッシングを行うとともに、半年に1度は定期検診を受けてください。


診療時間表

インプラントの種類


POIインプラント



POIインプラントは、日本のインプラント治療において最も歴史が古いインプラントシステムです。
他のインプラント治療と違い、手術は1回法か2回法のどちらも選択可能です。


POIインプラントは、水溶液中のチタン合金に定電圧で直流電源を流し、チタンの表面に酸化皮膜をつくる「陽極酸化処理」されたものと、HA(ハイドキシアパタイト)でコーティングされたものがあります。


インプラント自体の材質は「チタン合金」で、スクリュータイプのボルトをねじ込む形で装着させます。
このチタン合金は純チタン同様、骨との結合性や身体親和性が非常に高い材質として知られています。


スクリューベント


スクリューベントインプラントは、2回法で埋入するインプラントです。
POIと同様、骨を誘導しやすいHA(ハイドロキシアバタイト)にてコーティングされていので身体親和性が高く短期間で定着できます。


インプラントを埋入する場所の骨が足りず、骨増生法などを併用する場合に使用します。




インプラントは、チタン製でとても丈夫ですので、問題なければ半永久的に機能します。しかし、ただ入れただけでは普通の歯と同様に長持ちはしません。
インプラントの周りに汚れが溜まった状態でいると、歯周病のような状態になり、インプラントの周りの骨がやせてしまってグラグラ動いてきます。そうなるとせっかく入れたインプラントを抜く事になります。
このようにならないためには、家での正しいブラッシングケアと、定期検診によるチェックが必要です。
定期検診では、インプラントの状態・歯肉の状態・かみ合わせのチェックなどを行い、更に歯科衛生士が歯のお手入れを行います。

診療時間表

よくある質問



Q1. インプラントの素材は何ですか?


A1. インプラントは、体の中で非常に安定した素材であるチタンでできており、骨とのなじみをさらによくするために表面処理が施されています。チタンは人工関節など、さまざまな分野で使用され、生体親和性の高い材料として世界で認められています。


Q2. 治療費はどの程度かかりますか?


A2. インプラント治療は、自由診療扱い(自費)となっていますので、保険が適用されません。
実際の治療費はインプラントの種類や本数、被せる人工の歯の材質などによって異なりますので、詳しくは歯科医師とよくご相談ください。


Q3. インプラント治療を誰でも受けることができますか?


A3. 年齢の上限はありませんが、骨の成長がほぼ終了する16歳ぐらいから治療を受けることができます。
ただし、心臓病や糖尿病などの持病がある人や、妊娠中の人などは受けられない場合があります。
また、あごの骨の状態によっても受けられない場合があります。いずれの場合も事前に歯科医師とよくご相談ください。


Q4. インプラントはどのくらいもちますか? また、手入れは?


A4. インプラント自体は生体となじみの良いチタンでできています。
長持ちをさせるのに重要なことは自分の歯と同じような手入れをすることです。
ブラッシングはもちろん、歯肉の健康状態や正しい噛み合わせのチェックをするため半年に1度は定期検診を受けてください。


Q5. インプラント手術に伴う痛みは?


A5. 手術は局所麻酔下で行いますので、ほとんど痛みはありません。
インプラントの埋入手術の処置時間は約30分~120分です。